1:2016/12/21(水) 07:20:19.72 ID:
「無罪です。すべての行動には、理由があります」――。覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたものの嫌疑不十分で不起訴となった歌手のASKA(58)。勾留先の湾岸署から釈放される姿は前回の保釈時(14年7月)とは打って変わってポケットに手を突っ込み、集まった多くの報道陣に対して余裕の笑みを浮かべる場面もあった。

「尿はお茶」と言うASKAの主張を覆せなかった警視庁の大失態というしかない今回の逮捕劇。ASKAが訴えていた盗撮や盗聴被害についてはともかく、「覚醒剤は絶対にやっていない」という言葉を今は信じるしかないだろう。

 ASKAは湾岸署を出たあとは迎えのワンボックスカーに乗り込むと港区六本木のザ・リッツ・カールトン東京へ直行。堂々と正面玄関から中に入って行った。その直後にブログを更新。「不起訴でした。」というタイトルで冒頭のように無罪を報告すると、続けて「予定が、20日間もズレてしまいました。こんなところで止まっているわけにはいきません。やれることを、やらなくては。みなさんを、最高のアルバムでお待ちします」と音楽活動の再開を報告した。

ASKAの復活宣言ともとれるコメントだが、「実は手記の出版が複数の出版社で同時進行している」と話すのはさる関係者だ。こう続ける。

「ASKAは1度目の逮捕後、入院していた施設を退院しても自宅には戻らず目黒区内の外資系ホテルに長期滞在していて、そこを拠点に再出発のプランを練っていました。音楽活動だけでなく、手記の出版も進んでおり、ホテルのラウンジで頻繁に目撃情報があったのは手記の打ち合わせのためでした。ASKAのマスコミへの不信感は相当なもので、友人や知人、家族にも裏切られたという思いが強く、その全てを半生記という形で出版する予定でした。それが先月の2度目の逮捕で棚上げになっていた。しかし、不起訴になったため来年の春ごろまでには出版になるといわれています」

「みなさん、信じてくれてありがとう。」とブログを結んだASKA。メンツ丸つぶれの警察のマークは相当にきつくなるだろうが、クスリに手を出しさえしなければ問題はない。来年1月に13曲入りのアルバムを発売するというだけに、新生ASKAの逆襲に今は期待だ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/196176/1
2:2016/12/21(水) 07:21:15.56 ID:
権力って暴走するんだよな
明日香さん頑張れ
!!
3:2016/12/21(水) 07:21:43.45 ID:
国家組織に逆らうとは愚かな…
6:2016/12/21(水) 07:22:25.02 ID:
話題作りだったんだね
大掛かりすぎて引く
16:2016/12/21(水) 07:37:57.67 ID:
ヤク中の妄想じゃなかったということは、やはりギフハブって実在するの?
24:2016/12/21(水) 07:52:22.35 ID:
薬物中毒と音楽文化の関係性は切っても切り離せないからな
35:2016/12/21(水) 07:59:36.41 ID:
外に女作ってキメセクしまくってた旦那とか父親とか侮蔑の対象でしかないなw
37:2016/12/21(水) 08:00:32.37 ID:
新曲なのかな
劣化した歌声なら聴きたくないぞ
38:2016/12/21(水) 08:01:39.50 ID:
売名行為に早替わり
55:2016/12/21(水) 08:19:27.62 ID:
覚醒剤は(今日は、)絶対にやっていない

w
64:2016/12/21(水) 08:36:30.97 ID:
みんな騙されるな!!
アスカを陥れたのは警察じゃない!ギフハブだ
政府もギフハブの存在に気づいたようだ
これから政府とギフハブとの戦いが始まるだろう


引用元:
  • http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482272419